保険相談サービスが無料の理由を学ぶことが大切

将来に備えた保険のメリットについて

請求の大切さ

保険金は請求しないともらうことができない

生命保険相談で多いのが、保険に加入しているのにもかかわらずどんな保険に分からないという保険相談です。つまり、保険の目的が分からないことです。どんなときに保険が使えていくらくらい保証されるかの金額です。実は分からないのが一番もったいないことをしているのです。それは保険は請求をしないと保険金がもらえないからです。最近では視力回復のレーシック手術が流行っています。この手術をすると給付金がでる保険があります。ところが今から10年前の保険であるとレーシックはそれほど流行っていなかったため給付金がでる保険がないのです。つまり、保険の見直しをしていないとずっと昔の保障のままということです。医療は進歩していますので、保険相談して見直ししないといざ保険を使うことができないケースもあるのです。

保険証券を見ても難しい

保険証券の内容はよく確認しておくことが必要です。入院したら保険金を請求しないと保険金はでないです。加入している医療保険で、この手術では保険金は出ないだろうと思っていても保険金はいつまでたってももらえないです。どんなときに保険金がでるのかということは把握しておく必要があります。しかし、どんなときに保険金がでるのか保険証券をみても約款の字などは細かくて難しい感じが並んでいます。見てもよくわからないといった時には、保険相談をすることです。保険会社に聞いてみることで確認することができます。また、自分に合う保険が分からないという場合は独立系のファイナンシャルプランナーに保険相談をすることです。ぴったりの保険を見つけることができます。