保険相談サービスが無料の理由を学ぶことが大切

将来に備えた保険のメリットについて

節税可能な保険

保険の活用で節税対策

生命保険を使うと節税対策になることはご存知ですか。サラリーマンなら毎年の秋に、年末調整のために生命保険や個人年金について会社の人事部や総務部から送られてくる用紙に記載されているかと思います。最大で5000円分の節税対策となります。どのみち買うものなので、正しく申請して必ず5000円を獲得しましょう。これだけですと当たり前。実はもっと大きな節税対策をすることができます。実は生命保険の受取には税金がかかりません。通常、親などからの相続には相続税がかかります。ただし生命保険の受取であればかからないのです。よって相続する分の金額と同等の保険料で生命保険を購入してもらいご自身を受取人とすることで、相続税の節税対策となるのです。

確実に節税効果を生むやり方は

一点注意が必要です。誰が受け取るのかという部分です。相続税がかからないのは、通常の場合です。イレギュラーな場合が実はあります。それは受取人が死亡したことにより、その他の人がその生命保険を受け取る場合は相続税がかかってしまいます。要は当初意図した人でない人に保険が支払われてしまうケースでは、相続税がかかってしまうということです。具体的には、夫の生命保険を妻が受け取ることになっていたのだが、夫の死亡と同時に妻も死亡した場合は、子供が受け取ります。この場合は相続税がかかることになります。あまりありえないケースですので、気にしない、または現金で受け取りますので税金支払いに困らないとは思いますが、注意が必要です。